当面、受注を停止いたします。

地味な扱いではありますが、
新聞やテレビニュースなどで報道されている “ウッドショック”。

コロナウイルスの影響で世界的に建築需要が進み、
日本では、輸入木材が大規模な供給不足に陥っている問題です。

コロナ禍で停滞していたアメリカや中国・ヨーロッパの経済が復活の兆しを見せ、
建築ラッシュが始まったのが大きな要因の一つです。
とりわけアメリカでは、郊外に住宅を新築する動きが盛んで、木材の価格が急上昇。
「マスクが高騰して店頭から消えた事態と似ている」とは、
日本木材輸入協会・岡田清隆専務理事の指摘。
妙に腑に落ちる気がします。

木材の需要過多に加え、物流業界停滞の影響もあって、
商品の価格やコストの大幅な値上がりに歯止めが利かないため、
住宅業界においても、契約を一時見合わせてタイミングを計っているところが、
今現在相当数あります。

waku-projectでは、
storageの部品となるホワイトウッド(柱材)や針葉樹合板(床・構造壁)が輸入材です。
このような情勢がいつまで続くのか、先が見えないことなどを総合的に判断して、
弊社は当面waku-projectの受注を停止することとしました。

公開してまだ日の浅いこのホームページからも、
お客様から問い合わせやお見積りの依頼をいただき、
スタッフ一同大変喜んでいた矢先で、残念な気持ちいっぱいです。
また、地球環境に優しい小さな仕組みの積み重ねの、
強くて楽しいこの小屋づくりに共感してくれているお客様や協力業者の皆さまにも、
大変申し訳なく、ご迷惑をお掛けすることに、とても心苦しい思いでおります。

政府は「国産材をもっと使おう」といったキャンペーンで、補助金の政策も行っています。
安定供給に戻った折には、いち早く受注を再開するつもりでおります。
あらためてこのホームページで、その旨ご報告させていただきますので、
大変恐縮ではありますが、ご理解の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。


シノザキ建築事務所株式会社 代表 篠崎廣和

タイトルとURLをコピーしました