waku-storage 4G×6G(テストモデルno.2)
DANGOの家 あるじ のstorage

-1- 着工前にコンクリート平板を撤去

-2- 遣り方出しと束石施工

-3- 基礎工事完了

-4- 土台敷込み

-5- 防草シート敷込み

-6- 四隅に柱を立てる軸組工法

-7- wakuとパネルの取付け

-8- 屋根の野地合板張り

-9- 屋根の仕上げはオークリッジスーパー

-10- 明かり取りにFIX窓を設置

-11- 外壁と柱の屋久島地杉はエコウッドトリートメントにドブ漬け

-完成- 右側は庇をつけて自転車を置くスペース

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■仕 様:waku-storage 4G×6G(テストモデルno.2)

■オプション:断熱サッシ1ヵ所 + 薪棚 + 自転車スペース

■竣工: 2020.10

いつかは、、、と思っていましたが、1号棟を見て即決!

シノザキ建築事務所の家を建てる前の住宅で使用していた軽金属製の物置を継続して使っていましたが、どうも無機質に感じてしまい、小さくてもいいから、いつか自分のガレージを木で作りたいと思っていました。そんなときwakuの存在を知り、ヴィンテージでモダンな外観とセルフビルド可能という点に惹かれ、1号棟を見させていただいた時に即決しました。

資材はミリ単位。木材が入らない!

更地に建てるのであれば苦労はそれほどでなかったと思いますが、私の家の限られた敷地内に建てたため、まず重たいコンクリート平板を撤去したり、埋設物(配管や大きな採石など)を除去しながらの束石設置に苦労しました。

また、さすがシノザキ建築事務所、それぞれの木材、資材がミリ単位で製作されているため、わずかな建て付け誤差が影響して、一部の木材が入らない!最後はノミやカンナで修正しながらなんとか完成しました。

完全なプラモデル感という訳にはいかないですね。

でも、出来上がった小屋には、軽金属では味わえない、木のぬくもりを感じます、ガレージなのに。木製ならではですが、棚やフックなど、思うように後付け加工が可能、また思いがけず気密が高く、すきま風一切無し。

また、篠崎社長にわがまま言って薪置き場と自転車置き場をビルドインした注文住宅のような作りが便利。そして何よりかっこよい。

素敵なマイガレージに進化させたい。これからが楽しみ

小屋づくりは、子供たちも手伝ってくれ、工作に興味を持ってもらえたかと思います。勉強も頑張ってほしいですが、ものを作る楽しさも伝えていければと思っています。前から「ガレージ作りたい」と言っていたので、奥さんも理解を示してくれていると思います。

完成したのは秋の終わりでした。雪が降る前に、とにかく荷物を全部入れるだけで精一杯でした。春になったら、工作用の机を作って据え付けたり、中に保管しているバイクを整備できるような素敵なマイガレージに進化させたいと思います。これからが楽しみです。

本当に「作りたい!」と思う方にセルフビルドをお勧めしたいです。

シノザキさんには、いろいろ親身になって手伝っていただき感謝しています。おかげさまでとても勉強になり、また良いガレージができました。

私は楽しみながら作れましたが、「興味あるので、、、」くらいの感覚の方がセルフビルドするとなると結構きついのでは、と思います。時間も相応にかかりますし。本当に「作りたい!」と思う方にセルフビルドをお勧めしたいです。

大変ではありましたが、出来上がった時は本当に感動ものでした!

2021.02 札幌市Sさん 記

タイトルとURLをコピーしました